フリーランスになって感じたこととか

-
カテゴリー:
雑記 

フリーランスになって早いもので、もう4年以上経つんですが、なんとか無事生き残ってこれたので、これまでに感じたことなんかをちょっくら書かせていただこうと思います。

フリーランスになったキッカケ

フリーランスになった当時、自分はまったくフリーランスになる予定ではありませんでした。
会社への不満や当時一緒にやっていくはずだった方との話のもつれなどもあり、色々と追い詰められた結果「一人で生きていくんやぁ~!」という考えにいたり、フリーランスになりました。
※再就職するという道もあったのですが、当時は次の会社を探す気力はゼロでした^^;

フリーランスになってまずやること

開業届や健康保険の手続きなども早々にやっておいた方がいいのですが、まずやるべきことは「お客さんを取る仕組み作り」です。

自分の場合は、追い詰められた結果フリーランスになりました組(?)なので、事前の準備やお仕事をいただけるような友人やコネがまったくありませんでした。
かと言って、技術畑出身ということもあり、営業行ってお仕事とる自信なんて、ゼロ。
そもそも極度の人見知り^^;

そこで、自分の場合は、アポを取ったりするような営業スタイルは止めておこうと決め、WEBサイトを作り、そこでお仕事を募集することにしています。
幸いなことに、WEBサイトを作り1か月程度で数社のWEB制作会社様からお声掛けいただき、現在でもお付き合いのある制作会社様もおられます。
本当に感謝です。

この営業スタイルを続けるとこんなことが起きる。
実は、お客様のほとんどはお会いしたことがありません。
顔はおろか声すらわからないというお客様も多くおられます(汗)
ホントにこれでいいんだろうか・・・。

「自己責任」が基本

当たり前のことなんですが、失敗したときに面倒を見てくれる上司や仕事をまかせられる部下は一人もいません。
全て自分で判断実行し、責任も全て自分で取らないといけません。

外部に任せるのであれば、それなりの費用がかかります。

金銭トラブルはキツい

ほとんどのお客様は、大変良くしてくださいますし、支払いもスムーズに行ってくださいます。

ですが、中には代金を払わないまま連絡が取れなくなる方もおられます^^;
メールは返事がない。電話は常に留守電。

あれ?おかしいな。前は毎日のように連絡をしてきたのに・・・。あの頃に戻りたい(T_T)

こういうお客がブログとかツイッターやってて「今日のランチはカレー!\(^o^)/」とか書いてた日にゃぁもう暴れそうになります。
※今の所、粘り強く連絡を取らせていただき、なんとか代金のとりっぱぐれはありません。

需要は常にある

いろんな制作会社様からお仕事いただけるようになって改めて思ったこと。
人手不足で困っている制作会社様は多い。
「人を雇えば解決するじゃん」と、思われる方もいるかもしれませんが、一度人を雇ってしまうと常に人件費がかかります。景気の良い時も悪い時も。
だから、自分のようなフリーランスに忙しいときだけ、仕事を手伝ってほしいと思っている制作会社様は多い。

 

最後に

フリーランスになると社会的な信用も低くなりますし、収入も不安定になります。

辛いこともかなり多いのですが、お客様から感謝のお言葉を頂けた時は、「本当に続けててよかったぁ!」って思えますし、モチベーションも上がります。

今以上に仕事のやりがいを求めたい方、自分の力を試したい方は、是非、一度フリーランスへの転身を検討してみてはいかがでしょうか!?なんつって

コーディングガイドライン刷新中~♪

-
カテゴリー:
雑記 

すでに数社のお客様には適用させていただいているのですが、現在、コーディングガイドラインの見直しをしております。

コーディングガイドラインを作る目的は、ウチの場合は、作業効率の向上、品質の保証、メンテナンス性の確保を目的にしています。

特に品質においては、案件によってムラがあるような事は極力避けたい。

以前、とある業者様よりこんな依頼を請けたことがある。

「ウチは海外にコーディングを委託してるんですが、事情があり、途中までしか完成していない。残りのページをコーディングしてほしい。」

で、内容を見てみると、

ページによってフォントがMSゴシックだったりメイリオだったり、ヘッダーの高さ、横幅がバラバラ、テーブルレイアウトかと思えば、次のページはCSSレイアウト。

担当者に確認をしてみると、コーディングは3人で行い特にガイドラインなどは存在しない。

(あ~。ガイドラインがないとこんなことになってしまうのか^^;)※極端な例ですが、、

やっぱりルールは大事!

ウチに依頼して損したぁ~と、思われたくないので、これからも品質向上に努めたいと思います。

今日の昼飯は松屋のカレギュウ!

それでは失礼します。

123